1. ホーム
  2. 犬種別で選ぶ!お悩み解消ドッグフード
  3. ≫フレンチブルドッグにおすすめなドッグフード20選!悩みに合ったフードの選び方も解説

フレンチブルドッグにおすすめなドッグフード20選!悩みに合ったフードの選び方も解説

フレンチブルドッグが元気で長生きするためには?グレインフリー&無添加のドッグフードが答えです。アレルギー・アトピー・肥満・食いつきの悩みの解消法も解説します
愛嬌たっぷりの表情で人気のフレンチブルドッグですが、どんなドッグフードが一番合っているのでしょうか? 

ここでは、フレンチブルドッグに合ったドッグフードの選び方のポイントから上手な与え方おすすめフード、

さらに、フレンチブルドッグに多い悩みである

  • いつも痒そうで皮膚が荒れている
  • お腹を壊しやすい
  • 涙やけ
  • 食べ過ぎ・太り過ぎ

などの症状・悩み別のおすすめドッグフードをご紹介します!

フレンチブルドッグおすすめのドッグフード20選

カナガン

皮膚トラブルの多いフレンチブルドッグにおすすめのドッグフード

原材料 骨抜きチキン生肉、乾燥チキン、サツマイモ
添加物 香料・着色料不使用
穀物 不使用
価格
(2kg)
通常価格 3,960円(税抜)
定期購入 最大20%OFF


フードの特徴

フレンチブルドッグは皮脂腺が大きく肌もデリケートなので、アレルギー性皮膚炎や膿皮症などを生じやすい犬種です。
皮膚トラブルを予防するためには、EPAやDHAの必須脂肪酸や抗酸化作用があるビタミン類を配合したドッグフードが適しています。
カナガンは、皮膚の健康に欠かせないオメガ3・6脂肪酸を含むサーモンオイルと海藻パウダーがブレンドされています。
さらに、消化に負担のかかる穀物やアレルゲンとなる人工添加物も使用されていないので、皮膚トラブルに配慮したいフレンチブルドッグにおすすめのドッグフードです。

オリジン 6フィッシュ(成犬用)

最高品質のフィッシュをたっぷり使用したドッグフード

原材料 新鮮丸ごと大西洋サバ、新鮮丸ごと大西洋ニシン、新鮮丸ごと大西洋カレイ
添加物 丸ごとグリーンピース, 丸ごとシロインゲン豆, 赤レンズ豆など、豆類
穀物 ミックストコフェロール(天然酸化防止剤)
価格
(2kg)
6,930円+税


フードの特徴

動物性たんぱく源として全原材料の80%に豊富な種類の最高品質の海水魚・淡水魚を使用したドッグフードです。
高タンパクで魚由来の必須脂肪酸も豊富に含まれているので、フレンチブルドッグの筋力の維持と皮膚の健康維持ができるのもポイント。
使用される魚は身だけでなく臓器、軟骨もまるごと使用しているので、自然なおいしさと風味で食いつきも期待できます。

ドッグスタンス 麹熟成

消化に優しい熟成鹿肉を使用した無添加ドッグフード

原材料 鹿肉(生)、全粒大麦、玄米
添加物 無添加
穀物 不使用
価格
(800g)
通常価格 3,456円(税込)
お試し価格 980円(税込)/300g


フードの特徴

フレンチブルドッグは消化が苦手でお腹がとてもデリケートだから下痢などに悩む子も多くいます。
ドッグスタンスは、国産の野生の鹿肉を麹で熟成(分解)させることで、肉質を柔らかくし消化吸収率をあげています。
消化に負担のかからない大麦や玄米、大豆油をブレンドしているので、お腹健康が気になるフレンチブルドッグにもおすすめ。
添加物も一切使用していないので安心して与えられますよ。

モグワンドッグフード

高たんぱくで低脂質のドッグフード

原材料 チキン&サーモン(チキン生肉、生サーモン、乾燥チキン、乾燥サーモン、チキングレイビー、サーモンオイル)、サツマイモ、エンドウ豆
添加物 着色料不使用、香料不使用
穀物 不使用
価格
(1.8kg)
通常価格 3,960円(+税)
定期購入 最大20%OFF


フードの特徴

フレンチブルドッグは、筋肉質でがっしりした体系が特徴ですが、その反面太りやすい犬種でもあります。
そんなフレンチブルドッグには、筋力を維持しながらカロリーをコントロールできるドッグフードがおすすめです。
モグワンは、高たんぱくなチキンと、脂質を抑えた生のサーモン肉を使用し、高タンパクでありながら、脂質が12%と低脂肪に設定されています。
アスタキサンチンやDHA・EPAの成分も豊富に含まれているので、皮膚の健康もサポートできるのも魅力です。

このこのごはん

お家飼いの愛犬におすすめの小型犬用ドッグフード

原材料 鶏肉(ささみ、レバー)、大麦、玄米
添加物 大麦、玄米
穀物 保存料・防腐剤不使用
価格
(1kg)
通常価格 3,500円(+税)
定期購入 2,980円(+税)


フードの特徴

フレンチブルドッグは小型犬と中型犬のどちらにも当てはまる大きさのワンちゃんですが、室内で飼われることが多いため、室内犬に合わせた栄養バランスのドッグフードがおすすめです。
原材料は高たんぱくで低脂肪な鶏のささみや鹿肉を使用しているので、室内飼いで運動不足による肥満が気になるフレンチブルドッグでも安心して与えられます。
グルテンフリーで完全無添加だから、皮膚トラブルや臭いの予防にもおすすめ。
乳酸菌も配合なので、腸内環境も改善しお腹の中から健康的な身体を目指せます。

ドッグフード工房 馬肉

完全無添加の低アレルゲンフード

原材料 馬肉、うるち米、小麦
添加物 無添加
穀物 うるち米、小麦、生おから
価格
(2.4kg)
通常価格 4,180円(税込)
定期購入 最大14.5%OFF


フードの特徴

愛犬の健康を考えて、自然素材の食材や製法にこだわり完全無添加でつくられたドッグフードです。
主原料のお肉はアレルゲンになりにくく高タンパクで低脂肪な馬肉を使用しています。
食物アレルギーにも配慮してさつまいもやカボチャなどの消化の良い食材を「生づくり製法」でつくっているので、栄養素や酵素はそのまま。
美味しさや風味を活かしているので食いつきも安全性も高いフードになっています。

ドッグスタンス 鹿肉ライト

ヘルシーな鹿肉を使用した無添加ドッグフード

原材料 鹿肉(生)、大麦(全粒粉)、玄米粉
添加物 人工添加物不使用
穀物 大麦(全粒粉)、玄米粉
価格
(1kg)
通常価格3,080円(税込)
お試し価格 980円(税込)/300g


フードの特徴

肥満に気を付けたいフレンチブルドッグには脂肪分の少ないお肉をメインにしたドッグフードがおすすめです。
ドッグスタンス鹿肉ライトは、高タンパクで低脂肪な鹿肉を主原料に腹持ちの良いサツマイモ(ふかし済み)や、糖の吸収を抑制し、脂質の代謝を上げるスーパー酵素の「エンザミン」を配合するなど、肥満に配慮した原材料を使用。
高たんぱく・低脂質なので、体調管理の難しいフレンチブルドックに最適ですね。

アーテミス アガリクス I/S 小粒

アガリクス茸を配合した免疫力・自己治癒力を高めるドッグフード

原材料 フレッシュチキン、ドライチキン、フレッシュターキー
添加物 着色料不使用、天然風味料(チキンスープ)
穀物 大麦、玄米、オーツ麦、黍、えんどう豆
価格
(2kg)
4,065円(税込)


フードの特徴

愛犬が本来持つ免疫力を維持し、自己治癒力を高められるようアガリクス茸やプラセンタエキスを配合してつくられたドッグフード。
免疫力の低下により肌トラブルが起きたり、下痢を起こしやすい子におすすめ。
軟骨サポート成分やルコサミンとコンドロイチンも配合されているので、関節トラブルの多いフレンチブルドッグに適しています。

アカナ ヘリテージ アダルトスモールブリード

活発な愛犬の健康維持におすすめのドッグフード

原材料 新鮮鶏肉(12 %)、鶏肉ミール(12 %)、七面鳥肉ミール(12 %)
添加物 人工的な防酸化剤は不使用
穀物 赤レンズ豆、丸ごとグリンピース、そら豆、緑レンズ豆、丸ごとイエローピース、エンドウ豆繊維
価格
(2kg)
5,500円(税込)


フードの特徴

カナダ地元産の原材料にこだわり、新鮮な鶏肉や七面鳥、天然太平洋カレイを内臓や軟骨もすべて使用することで、犬本来の食事に近づけています。
高たんぱくで運動量の多いワンちゃんに適した栄養バランスでつくられているので、活発なフレンチブルドッグにおすすめ。
グルコサミン、コンドロイチンも入っているので関節のケアもできるのがポイントです。

アランズナチュラルドッグフード

低脂肪のラム肉と自然素材でつくられたドッグフード

原材料 ラム肉40%(生ラム肉25%、乾燥ラム肉10%、ラムオイル4%、ラムグレービー1%)、サツマイモ、レンズ豆
添加物 人工香料・着色料不使用
穀物 グレインフリー
価格
(2kg)
通常価格 3,960円(+税)
定期購入 最大20%OFF


フードの特徴

高たんぱくで低脂肪のラム肉をたっぷり使用し、アレルギーになりやすい穀物や乳製品、牛肉類などの食材は一切使用していません。
野菜や果物、ハーブなどのこだわりの9種類の自然素材のみでつくられた、シンプルなフードでありながら必要な栄養素はしっかりと摂ることができます。
グレインフリーで人工添加物は使用していないので、皮膚トラブルや太り過ぎが気になるにフレンチブルドッグもおすすめです。

ピッコロ

脂質とカロリーを抑えたシニア専用フード

原材料 骨抜きチキン生肉(29%)、骨抜き生サーモン(20%)、乾燥チキン(13%)、
添加物 天然抗酸化成分(ミックストコオフェロール)
穀物 穀物不使用
価格
(1.5kg)
通常価格 3,960円(+税)
初回限定価格 1,980円(+税)


フードの特徴

チキンとサーモンを全体の70%配合した高たんぱく低脂質なドッグフードなので、筋力とカロリーを気にしたいシニア犬はもちろん、体調管理が難しいフレンチブルドッグにもおすすめなドッグフードになっています。
グルコサミンとコンドロイチンも配合されているから、関節トラブルの予防もできますよ。

SOLVIDA(ソルビダ) / グレインフリー チキン 室内飼育体重管理用

太りやすいフレンチブルドッグに適した体重管理用フード

原材料 オーガニックチキン生肉、乾燥チキン、オーガニック乾燥豆類
添加物 酸化防止剤(ミックストコフェロール)
穀物 オーガニック乾燥豆類
価格
(1.8kg)
3,680円(+税)


フードの特徴

運動不足による肥満が気になってきた子におすすめの、最新のペット栄養学に基づいた栄養素とオーガニックにこだわってつくられた体重管理用ドッグフードです。
高品質なオーガニックチキン、厳選された野菜やフルーツなどをブレンドし、穀物不使用で化学添加物、保存料、遺伝子組み換えに由来するものは一切使用しないので安全性も高いフードです。

薬膳みらいのドッグフード 皮膚アレルギー用

アレルギーや皮膚トラブルの子のための食事療法フード

原材料 大麦、生肉(鹿,魚)、玄米
添加物 不使用
穀物 大麦、玄米
価格
(1kg)
通常価格5,000円(+税)
初回定期購入4,000円(+税)


フードの特徴

食物アレルギーや皮膚の痒み赤みなど、フレンチブルドッグに多い悩みに対応した食事療法のドッグフードです。
こだわりの食材に加え、皮膚の健康を考えたオメガ3脂肪酸と51種類以上の薬膳をブレンドしてつくられているので、皮膚のケアに最適です。
アレルゲン食材はカットし、皮膚トラブルの原因となる穀物や低品質のお肉、酸化した油を避けるなど、食物アレルギーに配慮したフードと言えます。

レオ&レア

愛犬に最適なレシピでつくるオリジナルドッグフード

原材料
(鶏肉使用)
鶏胸肉・皮なし( 徳島県産)、玄米(国産)、丸麦(佐賀県産)
添加物 香料、着色料不使用
穀物 玄米、丸麦、米粉
価格
(150g)
1,400円(+税)
初回サンプル 700円(+税)


フードの特徴

愛犬の好みや犬種や年齢・運動量・コンディションなどからオーダーメイドでつくるオリジナルドッグフードです。
フレンチブルドッグの特徴やその子の好み、悩みに合わせた栄養バランスのオリジナルレシピをオーダーすることができます。
使用される食材は厳選され国産のものを使用し、気になる体重管理もサポートできますよ。

アボ・ダーム (AVODERM) スモールブリードアダルト

皮膚と被毛の健康のためにアボカドをブレンドしたフード

原材料 乾燥チキン、玄米、白米
添加物 人工添加物不使用
穀物 玄米、白米、オートミール
価格
(2.2kg)
4,214円(税込)


フードの特徴

栄養価の高いアボカドは、ビタミン・ミネラルを豊富に含んでいるため、フレンチブルドッグの皮膚と被毛の健康維持におすすめの栄養素です。
少ない給仕量でも十分な栄養を補うことができ、高たんぱくでカロリーは控えめなので、食べ過ぎによる肥満が気になるフレンチブルドッグにも嬉しいドッグフードですね。

Drケアワン

愛犬の健康寿命を考えたドッグフード

原材料 鶏肉、大麦、玄米
添加物 大麦、玄米
穀物 無添加
価格
(800g)
通常価格 3,000円(+税)
1袋定期購入 2,700円(+税)


フードの特徴

愛犬の健康的な毎日の食事をサポートするために、動物栄養学博士監修のもとつくられた国産無添加のドッグフード。
下痢や皮膚トラブル、毛並みなどワンちゃんによくある悩みの対策として、身体の内側から健康になれる食材をしようしています。
アレルギーの原因となる人工添加物は一切使用していないので、安心して与え続けることができますよ。

LOTUS(ロータス) アダルトチキンレシピ

栄養価が高く美味しさも十分なドッグフード

原材料 チキン、チキンミール、挽き割りライ麦
添加物 香料不使用
穀物 挽き割りライ麦、挽き割り玄米、挽き割り大麦
価格
(2.72kg)
6,160円(税込)


フードの特徴

私たちでも食べられる品質のチキンや有機栽培の青果など、安心・安全な食材にこだわってつくられたドッグフード。
健全な皮膚・皮毛のためにサーモンオイル・月見草オイル・オリーブオイルのオイルをブレンドしています。
低温でじっくり焼くオーブンベイク製法にすることで、栄養をそのままにカリカリで食べ応えのあるフードに仕上げているので、食欲なフレンチブルドッグの早食い防止としてもおすすめです。

ヒルズのサイエンス・ダイエット™ 減量サポート 小粒  小型~中型犬用 1歳以上

減量が必要な愛犬用ダイエットフード

原材料 小麦、コーングルテン、トウモロコシ
添加物 着色料不使用、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物)
穀物 小麦、コーングルテン、トウモロコシ、米
価格
(1.3kg)
1,247円(税込)


フードの特徴

太り気味な子や体重管理が必要なワンちゃんの減量をサポートするダイエット専用フード。
カロリーと脂質を制限しながらも筋肉量を落とすことなく維持できるための、必須アミノ酸とたんぱく質を摂取できる栄養バランスでつくられています。
また、免疫力維持をサポートするビタミンC、Eも配合されているのでフレンチブルドッグに適したダイエットフードですね。

ウェルケア ドッグフード オールステージ フレンチ・ブルドッグ専用

免疫力と悩みに配慮したフレンチブル専用フード

原材料 肉類(鶏肉、チキンミール)、米糠、小麦粉
添加物 香料(ローストガーリックオイル)
穀物 米糠、小麦粉、コーングルテンフィード、米粉
価格
(3kg)
2,200円(税込)


フードの特徴

短頭種の特徴に合わせてつくられたフレンチブルドッグ専用のドッグフード。
ヌクレオチドやビタミンC・Eを配合することで、免疫力を維持し皮膚の健康をサポートします。
フレンチブルドッグの悩みに配慮してお腹の健康や関節トラブルを予防する成分も配合されています。
1kgづつ小分けパックになっているので、保存もしやすくなっています。

ロイヤルカナン BHN フレンチブルドッグ 成犬・高齢犬用

免疫力と悩みに配慮したフレンチブル専用フード

原材料 米、植物性分離タンパク(超高消化性タンパク)、家禽(鶏、七面鳥などヒトの食用に飼育されている鳥類)ミート
添加物 酸化防止剤(BHA)
穀物 米、小麦
価格
(1.5kg)
2,720円+税


フードの特徴

生後12か月齢以上のフレンチブルドックのための専用ドッグフードです。
筋肉質な体型と皮膚の健康を維持に適した栄養素や、消化効率を高めるための超高消化性タンパクが腸内ガスや糞便の臭いを軽減。
短い顎のフレンチブルドッグでも食べやすいフードの形と食感になっています。

フレンチブルドッグに合ったドッグフードの選び方のポイント

高タンパクで栄養バランスの良いフードを選ぶ

フレンチブルドッグにとって一番大切なポイントは、少ない量でしっかりと必要な栄養を摂ることが出来るフードを選ぶ事です。

フレンチブルドッグがっしりした体系と筋肉の維持に必要な動物性タンパク質がたっぷり入っていて、栄養価の低い肉の副産物や余計な穀物が含まれていないフードを選ぶようにしましょう。
原材料の一番最初に品質の分かる「肉」の表記がされているフードなら動物性タンパク質がたっぷり入ったフードと言えます。

低アレルゲンの穀物を使用している

フレンチブルドッグに多い涙やけや下痢のトラブルはアレルゲンとなる穀物の摂取が原因である場合もあります。

アレルギーを引き起こしやすいとされる穀物

  • 小麦
  • トウモロコシ

が原材料の1番最初に明記されているドッグフードは、特に注意してください。

フレンチブルドッグには、炭水化物源として低アレルゲン穀物である

  • サツマイモ
  • 大麦
  • オーツ麦
  • 玄米
  • ジャガイモ

などを使用したものを選んであげましょう。

涙やけの他にも、皮膚をかゆがったり、目や耳の異常として出てくる場合もあるので避けるようにしましょう。

人工添加物が不使用であること

フレンチブルドッグはアレルギーで皮膚炎を起こしやすい犬種です。できるだけ無添加のフードを選んであげてください。

中には、酸化防止剤である

  • 「BHA」
  • 「BHT」
  • 「エトキシン」

など、発がん性がある有害な添加物として人間の食材には使用が禁止されていても、ドッグフードには配合されている場合があるのです。
例え少量でも、小さな体には大きな負担になってしまうので避けるようにしましょう。

うちのチワワに合ったドッグフードはどれなんだろう?」とフード選びに迷っている飼い主さんにおすすめ!カナガンドッグフード
カナガンドッグフード
新鮮なチキンをベースに動物性タンパク質を60%も配合したグレインフリーのドッグフード。

  • 皮膚炎
  • 下痢
  • 涙やけ
  • 肥満
などで悩んでいるフレンチブルドッグはもちろん、「ずっと元気に」「もっとイキイキ」「おいしそうに食いついてほしい」願う飼い主さんへおすすめしたいドッグフードです。
公式サイトで確認する


悩み・症状別で選ぶフレンチブルドッグにおすすめのドッグフード

フレンチブルドッグで多い悩みや症状を改善してくれるおすすめフードをご紹介。

愛犬の体質にいちばん合ったドッグフードを選んであげましょう。

皮膚炎皮膚炎

カナガンドッグフードフレンチブルドッグは皮膚病のトラブルが非常に多く、特にアトピーの痒みに悩まされる犬が多くいます。
さらに、細菌性皮膚炎真菌症も多発します。これらは、皮膚の抵抗力が弱いことなどが原因です。

皮膚の免疫力の低下や免疫能の異常なども関与しますので対策としては、皮膚の免疫力を上げ、皮膚コンディションを整えるために、良い原材料を使用したドッグフードを選ぶ必要があります。

「カナガンドッグフード」がおすすめです。
カナガンドッグフードには必須脂肪酸を多く含む「サーモンオイル」「海藻パウダー」が含まれています。
さらに、腸に負担をかける穀類は入っていない「グレインフリー」で、危険な添加物は一切使用されていないので、皮膚トラブルが心配なフレンチブルドッグにも安心です。

下痢下痢・嘔吐の症状改善

ドッグスタンス 麹熟成
フレンチブルドッグは軟便や下痢になることが非常に多い犬種です。
食べものが原因の下痢には「食物アレルギー」「食物不耐性」があります。

下痢を予防するためには、本来肉食である犬にとって消化に負担のかかる原材料や人工添加物が使用されていないフードであることが重要。

ドッグスタンス 麹熟成は、消化吸収率をあげるために、国産の野生の鹿肉を麹で熟成(分解)させ柔らかくしています。

消化の負担が少ない大麦全粒粉と腸内細菌をコントロールする玄米、穀物と腸内で有用微生物の善玉発酵を促してくれる大豆油粕など腸内環境を整える成分が豊富に含まれているのが特徴。

お腹が弱い子や消化器官が弱って下痢になりやすいシニア犬にもおすすめですよ。

涙やけ涙やけ対策

モグワンドッグフード涙やけをはじめ、目のトラブルにかかりやすいフレンチブルドッグには、「モグワンドッグフード」が適しています。

モグワンは、過度なタンパク質の摂取に配慮し、タンパク質源として低アレルギーのサーモンを使用。
涙やけの原因の一つである「ドッグフードのタンパク量や質が合わない」ことを改善してくれます。

さらに、アレルゲンとなる小麦やトウモロコシは使用しないグレインフリーで、人工添加物も不使用なので安心して与えられます。

肥満肥満・ダイエット

モグワンドッグフード食欲旺盛なフレンチブルドッグの飼い主さんの多くが、食事量のコントロールに頭を悩ませています。
フレンチブルドッグは、がっしりした体系である反面太りやすい体質でもあります。

そんな飼い主さんにぜひおすすめしたいのが、「モグワンドッグフード」です。

気になるカロリーは、100gあたり約344kcal
高タンパクでありながら、脂質が12%と低脂肪に設定されているので、カロリーダウンをしつつがっちりした筋力を維持することが出来ます。
公式サイトはこちら

フレンチブルドッグフレンチブルドッグ専用ドッグフード

ウェルケア ドッグフード オールステージ フレンチ・ブルドッグ専用フレンチブルドッグの悩みに合わて免疫力を高める成分を配合した「ウェルケア ドッグフード オールステージ フレンチ・ブルドッグ専用」です。

皮膚トラブルの多いフレンチブルドッグに配慮して、ビタミンC・Eを配合し免疫力を高めます。

お腹の健康や関節に配慮した栄養素に加え、鼻や口が特徴に合わせた食べやすい形のフードなど、フレンチブルドッグの為につくられたドッグフードです。

成長段階別フレンチブルドッグの上手なフードの与え方

子犬期から成犬期~老犬期まで、成長段階によって必要な量も栄養バランスも違います。
成長段階別でフレンチブルドッグの平均的な食事回数と食事量を見てみましょう。

1日の平均の食事回数は?

子犬期(生後5~6ヶ月):3回
子犬期(6ヶ月~1歳):2回
成犬期(1歳~7歳):2回
老犬期(~7歳):2回(または、少量を数回)

1日の平均の食事量は?

フレンチブルドッグの理想体重は8~14㎏前後とされています。
カナガンドッグフードを目安にした場合の給餌量

体重 5kg 10kg 15kg
給餌量 75~120g 90~190g 110~240g
※ワンちゃんの犬種・性別・肥満度によって、必要な食事量は異なります。
お使いのドッグフードの給与量表を参考に、愛犬の体重や体型をしっかりと目で確認し、食事量を少しずつ調節してください。
妊娠・授乳中や病気治療中などの場合は、獣医さんのアドバイスを受けて量を調整してください。


市販の「完全栄養食」「全ライフステージ用」ならそれ1つで子犬期からシニア期まで給餌量と回数の調整だけでしっかりと栄養が補えるのでおすすめです。
また、フードによって栄養成分が異なりますので、1日の給仕量も違います。与える際は、パッケージの給仕量をよく確認して下さい。

子犬期は十分なカロリーとカルシウム、タンパク質の摂取を

育ち盛りの子犬期の食事は、成犬の約2倍のカロリーと、多くのタンパク質、カルシムが必要となります。
また、身体が未発達の段階ですので消化吸収の良いものを与えてください。

成犬期は太り過ぎに注意

成犬期からは、消費カロリーが減少してゆきますので肥満に注意が必要です。子犬期よりもカロリーを控えた食事に切り替えましょう。
エネルギッシュな成犬期は健康で丈夫な身体を維持するためにも、動物性たんぱく質がしっかりと摂れるフードがおすすめです。

元気に動き回るのが好きなフレンチブルドッグですので、消化に負担のかかる穀物を不使用のフードを選びましょう。

老犬期は低カロリー高たんぱくのフードを

老犬期になると、食べむらや食べない子が増えてきます。少量で十分な栄養が摂取できる高たんぱくでバランスの良いフードを選びましょう。
運動量が落ち、筋力も低下してくるので、肥満が心配なら低カロリーのフードに切り替えを。

さらに、消化能力も低下するので、消化吸収に優れ身体の負担の少ない無添加フードであることも大切です。
腎臓の機能も弱ってくるので、塩分の摂りすぎは注意してください。

フレンチブルドッグのおすすめドッグフード比較3選

フレンチブルドッグフレンチブルドッグの食事量は少ないものの、ドッグフードは毎日消費するものですから家計の負担にも・・・
そこで、おすすめドッグフードを「体重10㎏の成犬のフレンチブルドッグ」に与えた場合で比較しました。

  • 1日にかかるドッグフード代
  • 1袋はどの位で使い切るか

をチェック!

ロイヤルカナン BHN フレンチブルドッグ 成犬・高齢犬用
ロイヤルカナン BHN フレンチブルドッグ 成犬・高齢犬用
容量 2㎏ 1.8㎏ 1.5㎏
価格 3,960円(+税) 3,960円(+税) 2,720円(税込)
1日の給餌量 約90g~ 約175g~ 約132g~
1日あたりの価格 約178.2円~ 約385円~ 約247.2円~
1袋の利用日数 約22日 約10日 約11日
※フードパッケージの表記より算出 ※給与量はあくまでも目安です。愛犬の個体差や運動量に応じて、専門家の指導に従い調節してください。
※1 価格は調査時点のものです。ご購入の際は、再度ご確認ください。

フレンチブルドッグが餌を食べてくれない!原因と対策は?

食欲旺盛なフレンチブルドッグですが、「わがまま」や「おやつの食べ過ぎ」でドッグフードを食べなくなる場合があります。
食べないからとおやつを与えてしまうと、自己主張の強いフレンチブルドッグは、「好きなもの以外は食べたくない!」と好き嫌いが強化されてしまう可能性も。

食事時間にメリハリを

まずは、食事の時間をきちんと決めて、食事を出して30分経ったら食器の中にまだ残っていても、片づける習慣から始めてください。
利口で従順なフレンチブルドッグの性格なら、食事のルールをきちんと理解して食べてくれるようになるはずです。

もちろんおやつの与え過ぎには注意してくださいね。

フードを見直してみよう

フードを見直すなら、余計な添加物や香料が使用されていない、新鮮な肉がたっぷり入ったフードを与えてみましょう。
選ぶポイントとして、原材料の一番最初に「肉」と表記されたものを選ぶと良いでしょう。
高品質の肉がたっぷり入ったドッグフードなら、犬の嗅覚でその美味しさがすぐに分かるはずです。

食欲増進で使われる香料や着色料は、本来犬には必要のないものですので無添加のものを選んでください。
品質の良い原材料を使用したフードなら食いつきアップに期待できます。

子犬なら小粒タイプのフードを。
老犬ならドライフードをお湯でふやかし食べやすくして与えるのがおすすめです。

生活環境や体調の変化に注目

また、生活環境の変化にも敏感に反応してしまいますのでストレスで食欲が減退してしまう事も。
そんな時には、餌にお湯をかけて匂いで食欲を増進させたり、いつものフードにササミや手作りのおずを少しトッピングをしてあげてみて下さい。

突然食べなくなった場合には、病気などの体調不良の恐れがあります。
心配な場合は、一度かかりつけの獣医さんに診てもらうと良いでしょう。

フレンチブルドッグのドッグフードQ&A

食べ過ぎが心配です。フレンチブルドッグの餌の量はどの位が理想ですか?
与え過ぎは肥満の原因に

ドッグフードのパッケージに書かれている給与量を目安に、愛犬の体重や運動量に応じて給餌量を調節する必要があります。
食欲旺盛なフレンチブルドッグはあっという間に食べきってしまうので、足りないのかと追加で与えてしまいがちですが、与え過ぎは肥満の原因になりますので要注意です。

便の様子を見て、硬いウンチが少量だけの場合は量が少ない、軟便なら量を与え過ぎている可能性があります。
食べ過ぎが心配な場合は、いちど獣医さんに相談してみましょう。

手作りフードにを与えたいのですが、栄養バランスが心配です
生後8~12ヵ月ぐらいから1週間ほどかけて切り替えましょう

手作りフードは、毎食新鮮で安心なものを与えられるメッリトがありますが、長期的にみると栄養バランスが心配になります。
獣医など専門家に相談しながら、適切な栄養バランスのメニューを作りましょう。

手作りフードを手軽に取り入れたいなら、市販のドッグフードにトッピングして与えるのがおすすめ。
トッピングはフード全体の1割程度に、高タンパクで低カロリーな食材をトッピングしてあげましょう。

フレンチブルドッグに合ったドッグフードの選び方 まとめ

フレンチブルドッグフレンチブルドッグがずっと元気で暮らすため、またよくあるトラブル、涙やけ・皮膚炎・アレルギー・食べないなどを解消するためには、

  • 高タンパクで栄養バランスがよい
  • アレルゲン穀物を使用していない餌を選ぶ
  • 人工添加物が不使用

ということが大切です。

身体の小さなフレンチブルドッグだからこそ、身体の負担の少ない高品質なドッグフードを選んであげてください。

ドッグフードペディアの結論

カナガンドッグフード
安全性も食いつきもトップクラス
フレンチブルドッグの健康維持に欠かせない動物性タンパク質を60%ブレンド。
アレルギー源になりやすい原材料は一切使用していないので、安心してずっと与えられます
皮膚の健康をサポートしてくれるメガ3脂肪酸を豊富に含むサーモンオイルと海藻パウダーが配合されています。

特に皮膚のトラブルに気をつけたいフレンチブルドッグには、カナガンドッグフードがおすすめです。

▶公式サイトで確認する

よく読まれている記事